ホーム > BBクリームコラム一覧 > 使い方 > BBクリームで崩れない化粧の方法



BBクリームの毛穴落ちをカバーする方法・対策とは?|BBクリームの桜花媛




BBクリームの毛穴落ちをカバーする方法・対策とは?

せっかくBBクリームを塗って毛穴をカバーしたはずなのに、時間が経つと毛穴が目立つ
「毛穴落ちをしてしまう!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
毛穴落ちしている自分の顔を鏡で確認した時には、テンションも下がってしまいます。
そこで今回は、BBクリームの毛穴落ちをカバーする方法・対策についてご紹介いたします。


BBクリームで気になる「毛穴落ち」とは?毛穴落ちの原因とは?



そもそも、「毛穴落ちって何?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
毛穴落ちとは、「毛穴浮き」とも呼ばれていますが、メイクをして時間が経つと、毛穴が目立つようになってしまう状態のことを毛穴落ちと言います。

毛穴落ちの原因は、皮脂にあります。 メイクをして時間が経つと、毛穴から余分な皮脂が
分泌され、毛穴が開きます。 そのため、毛穴カバーを行ったとしても、ベースメイクと皮脂が混ざり合って
毛穴に落ちてしまい、毛穴が目立つようになってしまいます。
乾燥肌の方は、乾燥することによってお肌を潤そうと余分な皮脂が出やすいお肌の状況にあります。
そのため、お肌がオイリーではなく乾燥肌の方でも、毛穴落ちをしやすい傾向にあります。



BBクリームで毛穴落ちを防ぐための毛穴カバーをする方法とは?



まず、毛穴落ちを防ぐためには、毛穴落ちをしないお肌作りをすることが大切です。
毛穴カバーをするための土台となる、そのお肌をしっかり整えることが重要になります。

毛穴落ちをしないお肌とは、しっかり保湿のされたお肌です。
毛穴落ちの原因は、余分な皮脂の分泌による毛穴の開きです。 冷たい水で顔を洗うと、毛穴が
引き締まったように感じますが、それは一時的なものです。 余分な皮脂の分泌を抑えるためには、お肌の
保湿をしっかりと行い、余分な皮脂がなくてもお肌が潤っている状態を保つことが大切
です。

BBクリームはそもそもカバー力が高いため、ベースメイクの中では毛穴落ちを起こしにくく、
毛穴カバーに最適なメイク用品であると言われています。
また、美容液も配合されているため、乾燥による皮脂の分泌が抑えられ、毛穴落ちをしにくくなります。
上手にBBクリームを使用することで、毛穴カバーに優れた化粧品と言えるでしょう。

BBクリームでさらに毛穴カバーをする方法として、BBクリームを塗った後に、フィニッシュパウダーで
仕上げる
ことがあります。 これをするだけで、BBクリームがほぼよれなくなるので、毛穴落ちも
しにくくなります。 中でも、光沢のあるパールが配合されたフィニッシュパウダーにすると、光が乱反射するので、毛穴落ちも目立ちにくくなります。



BBクリームで毛穴落ちを防ぐための毛穴カバーのポイント・注意点とは?



BBクリームで毛穴落ちを防ぐ場合、2つのポイントがあります。

  • ・毛穴が気になる部分は、薄く塗る

BBクリームを厚く塗ることで、毛穴カバーの効果を高めたいところですが、厚く塗り過ぎてしまうと、とどうしてもよれやすく、毛穴落ちしてしまいます。 クマなどを隠したい場合には、指などで軽くノックしながら重ね塗りをするものですが、毛穴が気になる部分については、薄く塗ることを意識しましょう。

  • ・ベタベタ感があるうちにBBクリームを塗らない

乳液またはクリームのベタベタ感があるうちにBBクリームを塗らないことも大切です。
朝の忙しい時間だと、どうしてもスキンケアをしてすぐにBBクリームを塗りたくなりますが、まだお肌に油分が残っている状態でつけてしまうと、それと混じり合って、よれやすく、毛穴落ちしやすくなります。 乳液またはクリームをしっかり塗り込んで、ベタベタ感がなくなってから、BBクリームを塗るようにしましょう。

BBクリームで毛穴落ちを防ぐのは、少しのポイントを押さえるだけで簡単にできます。 毛穴落ちを防いで毛穴カバーをするのは、すぐにでも対策ができるので、明日のメイクの時間から毛穴カバーのポイントを踏まえて試してみてください。