ホーム > 桜花媛BBクリームの使い方 > BBクリームは何で塗る?ブラシの塗り方と指の塗り方

コラム
4色から選べるBBクリーム
使い方
BBクリームの正しい付け方・塗り方のコツ
BBクリームを使ったメイク方法・手順
BBクリームの化粧順番 塗る前・塗ったあと・塗り直しタイミング
BBクリームだけの直塗り・ざっと塗りでも大丈夫?
鼻や脇などの部分使いのBBクリーム活用法
BBクリームのつける量はどれくらいが適量?
BBクリームは何で塗る?ブラシの塗り方と指の塗り方
BBクリームを叩き込む方法とティッシュオフのやり方
BBクリームとコンシーラーを塗る順番
BBクリーム塗ったまま寝れる?寝る前はどうしたらいい?
BBクリームにチークだけで大丈夫?
BBクリームに乳液は必要?
BBクリームでほくろ・ほうれい線などを隠す方法・塗り方?
BBクリームは肌に悪いのか?肌への負担や肌荒れを防ぐ方法
BBクリームで白くなる場合の対処法
BBクリームを使ってツヤと透明感を作るメイク方法
潤い肌をつくるBBクリームの選び方とメイク方法
BBクリームでテカらなくする塗り方・防止策
BBクリームで崩れない化粧の方法
脂性肌の方の為のBBクリームの選び方と使い方
BBクリームでニキビできる?ニキビ肌の方のBBクリーム選びとニキビを隠す塗り方
BBクリームでそばかすやシミを隠す方法
BBクリームでクマを隠して消す方法
BBクリームのノンシリコン・オイルフリーについて
BBクリームのくすみ効果と夕方にくすむ場合の対処法
BBクリームの毛穴落ちをカバーする方法・対策とは?
BBクリームで皮むけしてしまう場合の対処法
BBクリームでニキビ跡を上手に隠す(消す)方法
BBクリームとコントロールカラーを一緒に塗るメリットと順番とは?
BBクリームを使ったナチュラルメイクの方法
BBクリームをよれないようにするための方法
BBクリームを使う際にパウダーなしでも大丈夫?
BBクリームで綺麗に仕上げる方法・コツ
BBコラムまとめ BBクリーム徹底解説!効果・特徴、選び方、塗り方
BBクリーム比較 BBクリームおすすめ9ブランド比較

BBクリームは何で塗る?ブラシの塗り方と指の塗り方|BBクリームの桜花媛


皆さんは、BBクリームを何で塗っていますか?
手を使う方が多いようですが、中には
「手が汚れるのはちょっと…」「道具を使った方が仕上がりがキレイ」など、
何か道具を使ってメイクするという方は少なくないようです。
では、ブラシなどの道具を使ってBBクリームを塗るにはどうすれば良いのでしょうか?

BBクリームは何で塗る?ブラシの塗り方と指の塗り方


BBクリームを塗る前に…



メイクする際のお肌には、水分や油分・古い角質・メイク汚れなど、できるだけない状態にしなければいけません。
また、汗や皮脂の分泌を抑えてキメの揃った肌を作るには、洗顔後の保湿が重要です。
なので、メイク前には正しい洗顔で汚れや皮脂を洗い流し、洗顔後は時間を空けずに化粧水などの基礎化粧品でたっぷりと保湿しましょう。
その時、肌の表面にコットンやタオルの糸くずが残っていたり、化粧水などの水分や皮脂などの油分が残っていたりすると、 メイクがヨレたりムラになったりしやすいですし、メイクの仕上がりがベタついたり厚塗りになったりしてしまいます。

メイク前には洗顔をして、メイクを始める前には、肌細胞には水分をたっぷりと与えてあげたうえで、 肌表面は、しっとりとはしているが水分や油分・繊維のくずや汚れなどは残さないようにしましょう。
有名美容家が、古い角質を取るのにおススメしているのが「まゆ玉」です。
ぬるま湯に4~5分ふやかして使うと、水溶性のセリシンという美容効果の高い成分が溶け出して良いのだそうです。


BBクリームの塗り方


指で塗る方法は、大きく分けて「ちょんちょん置き」と「ざっと塗り」の2種類にすることができます。 「ちょんちょん置き」とは、クリームを顔全体の何ヵ所かにのせてから、指先でかるく叩きながら顔全体に塗っていく方法です。
この方法は、BBクリームの塗り方の基本ともいえるもので、失敗しにくく手も汚れにくいため、BBクリーム初心者にはおススメの方法です。

ざっと塗り」は、最近はBBクリームがどんどん浸透してきて、
もっと簡単な塗り方はないのかということでいろんな方が勧める塗り方です。
両方の手のひらを使ってざざっと塗るため、慣れればあっという間にベースメイクが完了してしまいます。
ですが、手が汚れてしまうのと、慣れないと失敗しやすいという欠点もあります。

  • ブラシ

ファンデーションを塗るため専用の「ファンデーションブラシ」を使用します。
間違っても他の部位専用のブラシは使わないでください。
塗り方ですが、少量のBBクリームをブラシにのせて、片頬ずつざっくりと頬に伸ばします。
その後、ブラシを上下・左右・斜め上下など往復させて塗っていきます。
そのとき、斜め上に引き上げるように塗っていくと、リフトアップ効果が期待できます。

頬が終わったら、ブラシに残ったBBクリームで額や目元・鼻などを塗っていきます。
目元はまぶたに沿って内から外へ動かし、小鼻も毛先でならすように塗っていきましょう。
顔全体にBBクリームが塗れたら、シミやクマなどの気になる部分に少量のクリームを重ね塗りしましょう。
ブラシを寝かせて軽く重ね塗りすると上手くいくようです。
また、余分なクリームはティッシュに押さえつけると良いですし、ファンデーションブラシは毎日洗って清潔に保つようにしましょう。

  • スポンジ

メイクは片頬ずつおこなっていきます。
片頬小豆1粒ほどをスポンジにとって塗っていきます。もう片方の頬も同じように塗っていきます。
内から外へ、下から上へ、スポンジを軽く滑らせるようにして塗っていくようにしましょう。
頬が終わったら、目元や額・鼻は、スポンジに小豆1粒ほどのBBクリームを使って塗っていきます。
小鼻などの細かい部分は、スポンジの角を使うと塗りやすくなります。
頬で小豆2粒、額や目元・鼻などで小豆1粒、顔全体のメイクに小豆3粒分のBBクリームを使う訳です。
目の下のクマやシミなどの気になる部分には、スポンジに残ったBBクリームを重ねづけしましょう。

スポンジは安いモノで構いませんし、使い捨てできる安価なモノの方が、スポンジを清潔に保てるためおススメです。
スポンジでメイクするメリットは、スポンジが余分なクリームを吸い取ってくれるため、厚塗りにならないということです。
また、メイクの時に手が汚れないのも良いですし、細かい部分も均一にメイクできる点も魅力です。

逆にデメリットは、不潔なスポンジだと雑菌が繁殖してしまい、
ニキビや吹き出物の原因になりやすいですし、メイクのノリも悪くなります。
また、通常のメイクよりも多くのBBクリームを必要とする点です。

ちなみに、BBクリームをつけすぎてしまった場合でも、下記で説明したとおりスポンジでかるくポンポンたたくようにすれば、 余分なクリームを吸い取ってくれるため厚塗りにならず便利です。

  • シリコンパフ

少し前まではベースメイクを塗るのに指・ブラシ・スポンジの3つが主流でしたが、最近ではシリコンパフ愛用者も多くなってきました。
シリコンパフとはその名の通り、シリコンでできたパフのことです。
グミのように柔らかいので、小鼻周りにフィットしやすく、初心者でも綺麗に塗れると好評です。

シリコンパフの使い方は、基本的にスポンジと同じです。
スポンジとは違い、お肌にのせたクリームなどを吸い込まないことから、少量のBBクリームでOKです。
少しずつ丁寧に塗れば、お肌にフィットしてくれるので、ベースメイクを塗るのが得意ではない方でも仕上がりに満足できます。
しかも、シリコンなので使った後に洗って拭いておけば清潔に保てるというのもポイントです。


スポンジでBBクリームを塗るメリット



BBクリームは何で塗る?ブラシの塗り方と指の塗り方

BBクリームをお使いの方で多いお悩みが、厚塗りになってしまったりムラになってしまうという点です。 これらは塗り広げる段階でBBクリームが乾燥してきてしまうために起こるのですが、それを解決するのがスポンジです。
スポンジには液体を吸着する性質があるため、BBクリームが乾燥する前に余分なクリームを吸着して薄く均一に塗り広げることが出来ます。 また吸着するのはBBクリームだけでなく、メイクの途中で分泌してきた皮脂も適度に吸着してくれるので、皮脂のバランスを整えてメイクが長持ちするメリットがあります。


スポンジを使った塗り方の注意点



スポンジにBBクリームを吸着させて塗り広げるのは、絵筆に絵具を含ませて伸ばすのと同じです。
引き延ばしてしまうとお肌にBBクリームの線を引いたようになり、ムラやよれの原因となってしまいます。 薄くムラにならないように塗りたいならば、ポイントは「ポンポン塗り」です。
お肌に優しくポンポンと塗ることで、必要な量のBBクリームだけがお肌に乗ると同時に、余分なクリームや皮脂が吸着されるので、薄くムラのない塗り方が出来ます。
さらにポンポンと叩きこむように塗ることで、BBクリームがピタッとお肌に密着して馴染むので、長時間崩れにくい仕上がりになります。


ブラシを使った塗り方のメリット



BBクリームを塗るときに薄付きで均一に塗りたいという場合に活躍するのが、ブラシです。
ブラシにつけてからBBクリームを塗れば、余分なクリームをとらずにお肌にのせていけるので、自然と薄付きに仕上がります。

ブラシは毛先1つ1つが非常に細かいので、毛穴にも綺麗にフィットさせられます。
そのため、凹凸のないお肌に仕上げたいときにはブラシが重宝されますし、厚塗り感を出したくないときに優秀な働きをしてくれるのです。
また、初心者でも使いやすいというのが、ブラシの良いところです。

基本さえ押さえておけば、小鼻周りも綺麗にBBクリームがつけられますし
筋肉の動きのある目の周りも薄付きでフィットさせられるので、時間がたってもヨレにくい仕上がりになります。


ブラシを使った塗り方の注意点



ブラシを使ってBBクリームを塗る際には、いくつか注意点があります。

まず、力を入れて塗らないことです。
ブラシを持つ手に力を入れてBBクリームをお肌に塗ってしまうと、お肌を傷める原因となります。
お肌は非常に敏感なので、優しく塗ってあげましょう。

そして、ブラシを清潔に保つということも大切です。
ブラシは特に、毛の間にBBクリームが入ってしまうため、そのままにしておくと雑菌が繁殖しやすいです。
また、洗った後のブラシをしっかり乾かさずにいることも、雑菌が繁殖する原因となります。
使ったブラシは綺麗に洗い、しっかりと乾燥させるようにしましょう。