ホーム > BBクリームコラム一覧 > 知識 > BBクリームで皮むけしてしまう場合の対処法



BBクリームで皮むけしてしまう場合の対処法|BBクリームの桜花媛


BBクリームで皮むけしてしまう場合の対処法

BBクリームをつけたときに、お肌の皮むけをしてしまった経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
お肌の調子によって、皮むけする日としない日もありますよね。
しかし、皮むけすると、見た目が良くないですし、化粧ノリも悪くなります。
そこで今回は、BBクリームで皮むけしてしまう場合の対処法についてご紹介いたします。



■化粧の際に顔が皮むけしてしまう原因とは?



「お化粧する前は何ともなかったのに、お化粧をつけた途端に皮むけした!」という経験は誰にでもありますよね。
しかも、皮むけする日もあればしない日もあると、「どうしたらいいの?」と悩みます。

お化粧したときにお顔が皮むけする原因は、ただ1つです。お肌が乾燥しているのです
皮むけする日としない日があるのは、お肌が乾燥している日としていない日があるからだと考えられます。

お化粧する際にお肌の皮むけが起こらないようにするためには、お肌が乾燥しないようにしなければなりません
お肌が乾燥しないようにするためには、ビタミンやコラーゲンなどの保湿剤が含まれた食材を積極的に摂取したり、スキンケアを入念に行ったり、日々の生活習慣が大切です。



■BBクリームで皮むけしてしまう場合の対処法・上手な塗り方とは?



では、BBクリームを塗って皮むけしてしまった場合、どんな対処を行ったら良いのでしょうか。
応急処置としての対処法としては、皮むけしている部分に保湿クリームをつけることです。

BBクリームには本来、保湿成分が多く含まれているものも多いですが、カバー力が高いために乾燥することもあります。
そこで、皮むけしている部分に保湿クリームを塗って、皮むけが目立たなくなったら、その上からまた少量のBBクリームを塗れば、皮むけも気になりません。

皮むけをしないようにBBクリームを上手に塗る方法としては、まずしっかりと保湿を行うことです。
化粧ヨレが気になって、化粧をつける前の保湿はあまりしないという方もいるかもしれませんが、乾燥も化粧ヨレの原因となります。

しっかり保湿しても、保湿成分がお肌の表面に残っていない状態でBBクリームを塗り始めればOKです。
お肌のべたつきが気になる場合には、ティッシュオフしてからBBクリームを塗ると良いです。

しっかりと保湿を行ったら、パール1粒大の量のBBクリームをお顔につけていきます。
皮むけしないBBクリームの塗り方のポイントとしては、内側から外側に向けて塗っていくことです。5点置きしてから塗るのがおすすめです。



■皮むけしてしまうお肌に合ったBBクリームの選び方とは?



BBクリームを塗ると皮むけしてしまう方の場合、「自分には合っていないのかな」と諦めてしまうこともあるでしょう。
しかし、BBクリームによって、皮むけするものとしないものがあるはずです。
なぜなら、1本で何役も担ってくれる万能のBBクリームですが、ものによって得意分野があるからです。

皮むけしてしまうお肌に合うBBクリームは、とにかく保湿成分が高いBBクリームがおすすめです。
また、硬いテクスチャーのものよりも、柔らかいテクスチャーのものの方が、皮むけしにくい傾向にもあります
硬いテクスチャーのものは、どうしても保湿力よりもカバー力に特化したものなので、乾燥して皮むけすることがあります。
テクスチャーが柔らかく、保湿力のあるBBクリームでも、十分カバー力は高いです。
ただし、ものによっては、保湿力は高いけれどカバー力に納得できないものもあるので、実際に使ってみるなどをして選びましょう。

せっかくBBクリームを塗ってお肌を綺麗にみせようとしても、皮むけしてしまっては台無しになります。
ぜひ、皮むけしてしまったときには対処法を活用して、日頃からお肌が乾燥しないように注意するようにしてみてください。