ホーム > BBクリームコラム一覧 > 知識 > BBクリームで白くなる場合の対処法



BBクリームで白くなる場合の対処法|BBクリームの桜花媛




BBクリームの色が合わない?白浮きオバケに?



BBクリームで白くなる場合の対処法

BBクリームは便利でいいけれど、どうも上手に使いこなすことが出来ないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 特に難しいのが、お肌の色と合わせることです。
メイクが終わってみるとまるで舞台役者のようにお顔が真っ白で白浮きして困ってしまったこと、
ありませんか。 メイクが白浮きすると、
  • 厚化粧に見える

  • 顔色が悪く見える

  • 衣類に色移りしやすい

など、デメリットがいっぱいです。
なぜBBクリームを塗ると白くなってしまうのでしょうか。
BBクリームが白浮きする原因と、白くなり過ぎないメイクのポイントをご紹介します。


BBクリームを使うと白くなりすぎてしまう原因



  • お肌の乾燥

  • 冬場に素肌が乾燥して、粉を吹いて白くカサカサになった経験はありませんか。
    BBクリームはもともと乾燥しやすいベースメイクです。
    乾燥しているお肌に塗ることで余計に乾燥がすすみ、
    白っぽくツヤのない仕上がりになってしまいます。

  • 塗る量が多い

  • BBクリームを塗る量が多いと、ヨレ固まってムラとなり、
    その部分から乾燥して白く浮いてきてしまいます。
    同じように塗り重なって厚塗りになっても白浮きするなど、
    塗る量が多いとメイクが白く浮いてしまう大きな原因となります。


BBクリームの白浮き対策



  • まずは素肌を整える

  • BBクリームの白浮きには、乾燥は大敵です。
    普段から乾燥を防ぐためのスキンケアをしっかり行い、
    化粧水や乳液で保湿を心掛けることが、白浮きしないメイクへの第一歩です。
    毎日のスキンケアに加え、BBクリームを塗る前の保湿も丁寧に行いましょう。
    洗顔後すぐにBBクリームを塗るのではなく、
    まずはコットンを使って化粧水をしっかり浸透させます。
    特に夏場はベタつくのが嫌で化粧水だけで済ませたくなってしまいますが、
    それでは折角の潤いがどんどん逃げるばかりです。
    しっかりと油分でラップして潤いを閉じ込めるために、必ず乳液を使いましょう。
    化粧水→乳液→BBクリームの間には数分の時間を置きそれぞれをしっかり浸透させることで、
    潤いが長続きする白浮きしないメイクが完成します。

  • 適量を知る

  • 厚塗りやムラによる白浮きを防ぐために、特に初めて使うBBクリームの時には、
    少し少ないと思う量から始めてみます。
    足りなければ少しずつ足していき、
    自分の顔全体に塗るには最低限どれくらいの量が必要かを知ることで、
    塗りすぎて白くなってしまうことを避けることが出来ます。
    少量だとノビが悪く塗りにくいという場合は、
    油分が含まれる美容オイルや乳液をBBクリームに混ぜてみましょう。
    油分をBBクリームに混ぜることで柔らかなテクスチャーになり全体に塗りやすくなると同時に、
    薄くピタッとお肌に密着するため滑らかなツヤ肌に仕上がります。

  • スポンジを使って塗る

  • スポンジを使うことはメイクが白く浮かないようにするためにとても大切です。
    スポンジはお肌に残った余分なBBクリームを吸着してくれ、
    お顔全体に薄く均一にBBクリームを伸ばすことが出来ます。
    いきなりスポンジを使ってBBクリームをのばしていく方法も良いですが、
    まずは手で塗り広げてからスポンジで抑えるという方法は、より効果的です。
    お顔からは皮脂が分泌されているので、メイクはしてすぐよりも数分後に少し浮いてきます。
    そのときにスポンジで軽く抑えて浮いたBBクリームを取り除くことで、
    より長い時間白浮きを抑えてピタッと密着したメイクを保つことが出来ます。