ホーム > BBクリームコラム一覧 > 知識 > BBクリームのノンシリコン・オイルフリーについて



BBクリームのノンシリコン・オイルフリーについて|BBクリームの桜花媛



BBクリームのノンシリコン・オイルフリーについて



BBクリームのノンシリコン・オイルフリーについて

近年、「ノンシリコン」や「オイルフリー」のものが話題になっていますよね。
BBクリームの中にも、ノンシリコンのものや、オイルフリーのものが販売されています。

しかし、ノンシリコンやオイルフリーのものが話題になっているから使ってみたいけれど、
お肌にとってどのような影響があるのかよく分からないからまだ手が出せていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、BBクリームのノンシリコン・オイルフリーについてご紹介いたします。


ノンシリコンBBクリームの特徴・メリット



まず、ノンシリコンのBBクリームの特徴と、そのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
そもそもシリコンとは、どういったものなのでしょうか。

ノンシリコンが入っていると「お肌によくない」というイメージを浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうではありません。
撥水効果があるので、メイク崩れを防ぐという役割があります。

しかし、シリコンは自然には分解されない成分です。
そのため、シリコンが使われているメイクをしている場合、しっかりと落とさないとお肌に蓄積されてしまい、それがお肌トラブルの原因となってしまいます。

ノンシリコンBBクリームは、そのシリコンが含まれていないので、お肌に優しいということができます。
また、お湯でオフすることができるものが多いので、お肌に余計な負担をかけながらメイクオフをしなくて良いです。



オイルフリーBBクリームの特徴・メリット



次に、オイルフリーのBBクリームには、どのような特徴とメリットがあるのでしょうか。

オイルフリーBBクリームは、その名の通りオイルがカットされた状態です。
そのため、ベタつきが気になる方でも、安心して使うことができるというのが特徴です。

一般的なBBクリームというのは、せっかく保湿したお肌から水分が逃げていかないように、多少油分を入れることによって蓋をしています。
しかし、オイリー肌の方にとっては、それがテカりの原因になってしまうところです。

しかし、オイルフリーのBBクリームを使うことによって、余計な油分によるテカりを防ぐことができ、ベタつきを抑えることができます。
オイリー肌の方というのは、人よりも皮脂が多いために、ニキビができやすいということもあります。

そこにオイルが入ったメイクをすると、さらにお肌の油分を増やしてしまいます。
しかし、オイルフリーのBBクリームを使うことによって油分を減らすことができ、オイルが入ったものを使用する場合よりも、お肌の油分を抑えることができるので、お肌トラブルも減らしていくことができます。



ノンシリコン・オイルフリーのBBクリームを選ぶ際のポイント



ではどのようなところにポイントを押さえて、ノンシリコンBBクリームやオイルフリーBBクリームを選べば良いのでしょうか。

ノンシリコンのBBクリームを選びたい場合、ノンシリコンと謳っているものを選びましょう。
また、ノンシリコンと謳っていなくても、ノンシリコンのBBクリームであることもあります。

シリコンが入っているBBクリームの場合、ジメチコンやシリコーンとの表記があります。
したがって、ノンシリコンのものを選びたい場合には、これらの表記がないものを選びましょう。
ただし、ノンシリコンBBクリームは、お肌のツルツルを感じられなくなってしまうものもあるので、美容成分がしっかりと入っているものを選びましょう。

オイルフリーのBBクリームを選びたい場合、オイルフリーと書いてあるものを選びましょう。
また、どれがオイルフリーなのか分からない場合には、「ミネラル」系のものを選びましょう。
自然派を謳っているものは、オイルフリーであることが多いです。
また、乾燥肌用という表記や、オイリー肌用という表記があるBBクリームは油分カットされています。

ノンシリコンBBクリームも、オイルフリーBBクリームも、これまでメイクによるお肌トラブルで悩んできた方にとっては、非常に重宝される一品となります。
ぜひ、自分に合うBBクリームを見つけて、毎日のメイクを楽しんでみてください。