ホーム > BBクリームコラム一覧 > 使い方 > BBクリームの化粧順番 塗る前・塗ったあと・塗り直しタイミング



BBクリームの化粧順番 塗る前・塗ったあと・塗り直しタイミング|BBクリームの桜花媛


BBクリームの化粧順番 塗る前・塗ったあと・塗り直しタイミング


BBクリームの使い方の基本



BBクリームには、基本の使い方があります。
この基本を押さえているだけで、ムラなく綺麗にお肌にBBクリームをのせていけるのです。

まず、BBクリームを使う量です。BBクリームは必ず、適量を守って使いましょう。
BBクリームの適量は、BBクリームに記載されている通りです。
もし、特に何も記載されていない場合には、パール1粒大くらいの量が、BBクリームの適量となります。

次に、このBBクリームをお顔全体に伸ばします。ここが最も重要です。
ムラなく綺麗に伸ばさなければならないので、顔全体に綺麗に付けられるように、額・鼻・両頬・あごの5箇所にまず置きます。
これを、5点置きと言います。

そこから、お顔の中央から外側に向かって、くるくると円を描くようにしてBBクリームを伸ばしていきます。
この時、人差し指・中指・薬指の3つの指を使って伸ばすと良いです。

BBクリームを全体的に綺麗に塗れたら、その上からパウダーをはたくと、より綺麗なお肌が作れます。
BBクリームだけよりもマット感や透明感が出るので、おすすめです。



BBクリームの上手な使い方のコツ・ポイント



BBクリームを上手に使うためには、BBクリームを綺麗にお肌に馴染ませることが大切です。
BBクリームがお肌に綺麗に馴染んでいないと、時間が経った時のヨレの原因になりますし、お肌の透明感が出せません。

BBクリームを綺麗に馴染ませるためには、BBクリームをお顔全体に塗った後に、スポンジで馴染ませたりハンドプレスで馴染ませたりする工程が必要です。
これをするだけで、BBクリームのお肌のなじみ具合が格段に違います。
特に、目元や口元などお顔の中でもよく動かす部分はヨレやすいです。
その部分はスポンジの角や指の腹を使って、優しく丁寧にトントンと叩き込みましょう。
そうすることで、BBクリームがよりお肌に入り込み、ヨレにくくなります。

もし、お顔で気になる部分がある場合には、その部分にのみBBクリームを重ね塗りしましょう。
例えば、クマやシミ、ニキビ跡の部分などです。いわゆる、コンシーラーで隠す気になる部分ですね。
重ね塗りすれば、BBクリームはコンシーラーの効果もあるので、綺麗に隠してくれます。

重ね塗りする場合には、指の腹に針先くらいの量のBBクリームを取って、それをトントンと気になる部分に優しく塗ります。
重ね塗りの輪郭をぼかすようにして塗ると、綺麗に隠すことができます。
もし、BBクリームを塗った後に「少し油分が多すぎるかな?」となったら、ティッシュオフするのがおすすめです。
余計な油分をオフすることで、よれにくく長持ちするメイクになります。



BBクリームを塗る順番



BBクリームを使っている方は多くなりましたが、正しくない間違った使い方をしてしまっている方は多いようです。 せっかくのBBクリームの良い部分を台無しにしてしまっている方も、残念ながらいるようです… BBクリームの正しい使い方の順番や、塗る前・塗った後・塗り直しの知識やタイミングを知っていれば、 BBクリームの長所を最大限に引き出すことができるのです。

BBクリームは、 洗顔→基礎化粧品(化粧水など)→BBクリームの順番です。 BBクリームは下地などをせずに直接肌に塗ることになります。 そのあとにアイメイクなどをするのです。

BBクリームは下地や紫外線カットなどの機能があるのと、 保湿効果や美容液効果があり、刺激が少なく肌にやさしいため、肌に直塗りできるのです。

逆に、BBクリームの下に他のクリームを付けてしまうと、 皮脂や油分を吸収するというせっかくの機能が発揮できなくなるうえ、 厚塗りになってヨレやムラの原因となってしまいます。

休日やナチュラルメイク派
BBクリームは、洗顔後、保湿をおこなった後に塗った方が、 伸びも良くなり肌に馴染みやすくナチュラル肌を作りやすくなります。 女優さんやタレントさんなどは、メイクの前にパックやミストなどで念入りに保湿をおこないます。 それは、肌のキメが細かくなり、メイクのノリが良くなることや化粧の持ちが良くなる、 小じわを防いで肌色を良くするなど、たくさんのメリットがあるからなのです。

肌に水分や油分が残っていると、BBクリームがよれたりムラになったりする原因になります。 洗顔や基礎化粧品の水分を残さないことと、皮脂などの油分もしっかりと拭き取っておきましょう。 BBクリームを塗る際には、肌の細胞には水分が行き渡ってしっとりとしている状態で、 しかも肌の表面は水分も油分もなく乾いた状態が理想なのです。

また、洗顔も大事です。 毛穴に汚れが残っていると、汚れが酸化しますし、ニキビや吹き出物の原因になります。 また、汚れが詰まった毛穴は広がって垂れ下がりシワの原因となりますし、 肌の弾力を失くし固くしたり、黒ずんで血色も悪く肌色もワントーン暗くなります。 もっと言えば、
  • 産毛の処理は定期的におこなう

  • 規則正しい生活をする

  • 好き嫌いなくまんべんなく食べる

  • ストレスを溜めない

などがあるのですが、挙げるとキリがないので、自分のできる範囲で取り組むと良いでしょう。



BBクリームを塗った後にすると良いこと



BBクリームには、汗や皮脂を吸収する効果もありますから、 それだけで、充分にファンデーションでのフルメイク同様の働きをします。 しかし、仕上がりはナチュラルなので、もっと”塗った感”や”カバー力” などの「しっかりメイク」が欲しい方は、BBクリームを塗った上に重ねてメイクすることをおススメします。

皮脂の分泌が多い方や汗をかく状況が予想できる場にいくのであれば、 BBクリームを塗った上からフェイスパウダーを仕上げに重ねれば良いですし、 カバー力と化粧崩れ両方を気にするのであれば、 色のついたフェイスパウダーやパウダーファンデーションを重ねると、 気になるところをカバーしながらも、皮脂を吸収してテカリを抑え、メイクの持ちを良くするでしょう。

逆に、やってはいけないことは、「BBクリームの量を増やして厚塗りにすること」です。 BBクリームには美容液が含まれていますし、保湿効果が高い化粧品ですから、 多くつけるとちからを入れるだけでヨレやムラが出来やすくなりますし、 ベタツキが気になったり、どこかに触れるだけでヨレてしまったりします。 また、仕上がりが自然ではなく、首と顔が別になってメイクが浮いた状態になってしまうでしょう。 気になる部分には、軽くたたきながら、少しだけBBクリームを重ね付けすればよいのです。



BBクリームを塗り直すタイミング



BBクリームでのメイクの特徴として、仕上がりがナチュラルであることが挙げられます。 そのため、メイクが崩れてもわかりにくく、”見るも無残にドロドロ…”というような状況にはなりにくいのです。 ですから、焦ってメイクを直す必要はないことがほとんどです。 多少のテカリは、ティッシュや脂取り紙で応急処置ができますから、 メイクを直す時間ができたときにゆっくり直せば良いのです。

化粧直しは、普段と同じように、油分を拭いてから フェイスパウダーやパウダーファンデーションなどで直すと簡単です。 BBクリームの場合は、指先に少しだけのせて、軽くたたきながら気になる部分に塗っていきましょう。 皮脂が気になるなら、その上からフェイスパウダーで仕上げれば良いでしょう。