ホーム > BBクリームコラム一覧 > 知識 > BBクリームに乳液は必要?



BBクリームに乳液は必要?|BBクリームの桜花媛



BBクリームに乳液は必要?それともいらない?



BBクリームに乳液は必要?

化粧水、乳液、美容液、そしてファンデーション、その全ての美容成分が含まれており、 1度塗るだけで基礎化粧からメイクまで出来てしまうのがBBクリームです。 ではBBクリームを使用している人は、他の化粧品は一切使っていないのでしょうか?

答えは「No」です。

日本人のお肌は角質層が薄くキメが細かい分、乾燥しやすいのが特徴です。 そのため化粧水などでお肌に水分を与えてからBBクリームを使用する方がほとんどです。 しかし化粧水だけでお肌に潤いは保てるのでしょうか?

基礎化粧をせずにBBクリームだけを使用した場合、乾燥が激しい季節やエアコンのきいた室内では肌が乾燥し、 BBクリームの保湿力だけでは物足りなく感じる方は大勢います。 そのためお肌に潤いを与えるために化粧水を使用しますが、お肌に水分を与えただけでは潤いはすぐに逃げて行ってしまいます。 お肌に与えた水分に油分で膜を作り、ラップ効果で潤いを閉じ込めるのが乳液の役割です。

もちろんBBクリームにも油分は入っているので潤いを閉じ込める効果はありますが、 潤いをお肌に留めておくことに特化した乳液にはやはりかないません。 化粧水でお肌を奥から潤わせ、乳液でその潤いを留めて保つことで、内側からハリのあるお肌が実現するのです。 潤いが保たれた滑らかなお肌はBBクリームのノビが良くなり、またピタッとお肌に馴染みやすくなるので、自然なナチュラル肌を作りやすくなります。 つまり乳液を使う方が、より効果的にBBクリームを使うことが出来るのです。


BBクリームに乳液を混ぜて使うメリット



BBクリームを使うときにも乳液は欠かせないことがわかりましたが、乳液の使い方はただBBクリームを塗る前に使用するだけではありません。 BBクリームの持つ良さをより生かした使い方をするために、BBクリームと乳液を混ぜて使うことをお勧めしています。 BBクリームと乳液を混ぜて使うと、どのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 時間が短縮出来る

BBクリームの大きな利点として、「1回塗るだけでメイクまで終わるので手間がいらず時間がかからない」という点がありました。 それなのに化粧水に乳液までしては、いったい何のためのBBクリームなのかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。 そんな時は、BBクリームと乳液を混ぜて使うことで大きな時間短縮になります。 BBクリームと乳液は同じ油分がメインの化粧品なので、混ぜても馴染みよく一度で乳液とメイクを済ませることが出来ます。

  • ノビが良い

BBクリームと乳液を混ぜることで、BBクリームがより滑らかになり、非常にノビがよくなります。 そのため伸ばした時にムラや伸ばし残しなどが起こらず、サッと均一にBBクリームを塗り広げることが出来ます。 ファンデーションよりも乳液そのものに近いテクスチャーになるので、掌にパッとのばしてザッと塗れる手軽さもポイントです。

  • フィット感

BBクリームがより軽く滑らかになるということは、簡単に毛穴に入り込んでカバーしてくれるということです。 ノビの良さがサッと塗るだけで隅々の毛穴までカバーしてくれ、乳液のしっとり感でお肌にピタッとフィットしてくれます。 そのため薄く塗っただけでも、自然にしっかりとメイクしているように見えるナチュラルメイクが出来るのです。 フィットするのはBBクリームそのものだけではありません。 BBクリームの上にパウダーファンデーションや仕上げパウダーを乗せても、乳液の油分でしっかりと吸着してしっかりフィットしてよれません。