ホーム > BBクリームコラム一覧 > 使い方 > BBクリームを使ったナチュラルメイクの方法



BBクリームを使ったナチュラルメイクの方法|BBクリームの桜花媛


BBクリームを使ったナチュラルメイクの方法

「厚塗りメイクはしたくない」と思って、ナチュラルメイクを目指している方も多いのではないでしょうか。
しかし、お肌に隠したいところがあると、ついつい厚塗りになってしまいがちになります。
そこで今回は、BBクリームを使ったナチュラルメイクの方法についてご紹介いたします。


ナチュラルメイクの基本とは



ナチュラルメイクをするにあたって、よく誤解されがちなのが「手抜きメイク」との違いです。
ナチュラルメイクはあくまでもナチュラルに見えるメイクのことなので、メイク自体はしっかりとメイクしています。
それに対して手抜きメイクは、メイクの基本の工程を手抜きしているメイクのことをいいます。

ナチュラルメイクの基本のポイントは、ベースメイクをいかにナチュラルに見えるようにするかです。
もちろん、アイメイクやチークやリップなども派手すぎないものにすることが大事ですが、ベースメイクをナチュラルに仕上げるだけで、化粧をしているけれどナチュラルに見える肌感になります。
ナチュラルメイクのベースメイクは、ツヤがありつつ薄付きでもしっかりとお肌に密着させることがポイントです。



BBクリームを使ってナチュラルメイクに仕上げる方法・塗り方とは



BBクリームを使ってナチュラルメイクをする場合、まずスキンケアをしっかりと行います
スキンケアがしっかりできていないとメイク崩れの原因になります。
スキンケアができたら、BBクリームを塗ります。

BBクリームの適切な量は、BBクリームに特に何も表記がなければ、パール1粒大くらいの量です。
それを、額・鼻・両頬・あごに5点置きします。
5点置きしたら、内側から外側に向かって丁寧に伸ばします。
中指と薬指の腹をつかって、均一になるように伸ばしましょう。
鼻筋と小鼻、目の周りは、時間が経つと崩れやすいポイントなので、より丁寧につけましょう。

BBクリームを顔全体に伸ばしたら、何もつけていないスポンジでBBクリームをより密着させます。
これをすることで、BBクリームがお肌に密着するだけではなく、余計な油分をカットできるのでヨレにくい仕上がりになります。

最後にフェイスパウダーで仕上げます。
BBクリームをつけた後に、ファンデーションを塗ってフェイスパウダーを塗ると、マット感は出ますがそれと同時に厚塗り感も出ることが多いです。
BBクリームは、ファンデーションの役割も果たすベースメイクアイテムなので、フェイスパウダーで仕上げるだけでもしっかりメイクができています。
BBクリームだけで終わるのではなく、フェイスパウダーで仕上げることによって、ナチュラルな軽い印象を演出できるのではなく、透明感も引き出せます。



BBクリームでナチュラルメイクをする際のポイントとは



BBクリームでナチュラルメイクをするときに、気を付けたいポイントは3つです。

1つ目は、BBクリームの量です。
ナチュラルメイクをするときには、BBクリームの量が少なすぎても多すぎてもいけません。
パール1粒大の量を守ってつけましょう。
もし、BBクリームに量の表記があれば、それを優先して守りましょう。

2つ目は、満遍なく丁寧に優しく伸ばすことです。
ムラのある伸ばし方をすると、それがメイク崩れの原因となったり、厚ぼったく見える原因となったりします。
したがって、全体的に均一に伸ばすのを心がけましょう。
もし、指で伸ばすのが難しければ、ブラシを使うと均一になりやすいです。

3つ目は、隠したい場所がある場合には、BBクリームを針先くらいの少量をとって、重ね付けすることです。
BBクリームには、コンシーラーの役割も兼ね備えています。
少量を指の腹にとって、隠したい場所に軽くトントンと叩きながら重ね付けしましょう。
重ね付けした輪郭をぼかすようにつければ、綺麗に隠れます。

ナチュラルメイクをしたいとき、BBクリームを使えば初心者でも簡単に仕上げられます。
メイク初心者やメイクのテクニックに自信のない方ほど、BBクリームを使うのがおすすめです。