ホーム > 桜花媛BBクリームの使い方 > BBクリームで崩れない化粧の方法

コラム
4色から選べるBBクリーム
使い方
BBクリームの正しい付け方・塗り方のコツ
BBクリームを使ったメイク方法・手順
BBクリームの化粧順番 塗る前・塗ったあと・塗り直しタイミング
BBクリームだけの直塗り・ざっと塗りでも大丈夫?
鼻や脇などの部分使いのBBクリーム活用法
BBクリームのつける量はどれくらいが適量?
BBクリームは何で塗る?ブラシの塗り方と指の塗り方
BBクリームを叩き込む方法とティッシュオフのやり方
BBクリームとコンシーラーを塗る順番
BBクリーム塗ったまま寝れる?寝る前はどうしたらいい?
BBクリームにチークだけで大丈夫?
BBクリームに乳液は必要?
BBクリームでほくろ・ほうれい線などを隠す方法・塗り方?
BBクリームは肌に悪いのか?肌への負担や肌荒れを防ぐ方法
BBクリームで白くなる場合の対処法
BBクリームを使ってツヤと透明感を作るメイク方法
潤い肌をつくるBBクリームの選び方とメイク方法
BBクリームでテカらなくする塗り方・防止策
BBクリームで崩れない化粧の方法
脂性肌の方の為のBBクリームの選び方と使い方
BBクリームでニキビできる?ニキビ肌の方のBBクリーム選びとニキビを隠す塗り方
BBクリームでそばかすやシミを隠す方法
BBクリームでクマを隠して消す方法
BBクリームのノンシリコン・オイルフリーについて
BBクリームのくすみ効果と夕方にくすむ場合の対処法
BBクリームの毛穴落ちをカバーする方法・対策とは?
BBクリームで皮むけしてしまう場合の対処法
BBクリームでニキビ跡を上手に隠す(消す)方法
BBクリームとコントロールカラーを一緒に塗るメリットと順番とは?
BBクリームを使ったナチュラルメイクの方法
BBクリームをよれないようにするための方法
BBクリームを使う際にパウダーなしでも大丈夫?
BBクリームで綺麗に仕上げる方法・コツ
BBコラムまとめ BBクリーム徹底解説!効果・特徴、選び方、塗り方
BBクリーム比較 BBクリームおすすめ9ブランド比較

【コラム】BBクリームで崩れない化粧の方法



BBクリームが崩れてしまう原因



乾燥肌の方は何かとお肌のトラブルが絶えないタイプの肌質です。
中でも特に耳にするのが、メイクが崩れてしまうという問題です。
乾燥する冬場はもちろん、夏場でも日差しやエアコンによる空気の乾燥により、BBクリームが粉を吹いたり白浮きしたり、また塗るときにムラになったりよれたりするなど、化粧崩れに関する問題は後を絶ちません。
一体どうして化粧崩れが起こってしまうのか、また、BBクリームを使う際に崩れないようにする塗り方や方法、崩れないBBクリームの選び方のポイントを見ていきましょう。

BBクリームで崩れない化粧の方法

  • ① 基礎化粧の塗り方
  • 乾燥による化粧崩れを防ぐためには素肌をたっぷりと潤わせることが大切です。
    BBクリームを塗る前にたっぷりの化粧水でお肌を潤わせ、乳液も使ってその潤いをしっかりと閉じ込めましょう。
    どちらも使う量が少なすぎると、素肌が乾燥してしまうのでBBクリームのノリが悪くなり、白浮きや粉吹きの原因になります。
    さらに気を付けたいのは、化粧水や乳液を塗るタイミングです。
    化粧水がしっかりと浸透する前に乳液を、そして乳液が浸透する前にBBクリームを重ねてしまうと、余計な水分が混ざり合ってドロドロとしたテクスチャーになり、塗りむらが出来たりよれたりしてしまいます。

  • ② BBクリームの量
  • BBクリームの量が多すぎると、厚塗りや塗りむら、化粧ヨレの原因となります。
    さらに厚塗りになったところから乾燥が進んで、時間が経つごとにメイクが粉をふき、ポロポロと剥がれ落ちたり白浮きしたりと、メイク崩れが起こりやすくなります。
    BBクリームを使う際に化粧が崩れないようにする為には、BBクリームの量にも気を付けましょう。


BBクリームの崩れない塗り方



  • ① 基礎化粧をしっかり行う
  • メイク崩れを防ぐためには、まず基礎化粧です。
    洗顔をしたあとはたっぷりの化粧水をコットンにとり、叩きこむようにしてお肌に浸透させましょう。
    化粧水がしっかりと浸透しお肌の上に余計な水分がなくなったら、乳液を塗り広げてラップ効果でしっかりと水分を閉じ込めます。
    ポイントは、たっぷりの化粧水と乳液を使ってしっかりとお肌を潤わせること、化粧水→乳液→BBクリームを塗る間にしっかりとインターバルをおき、それぞれをしっかりと浸透させてから塗ることです。

  • ② BBクリームは薄塗りにする
  • BBクリームの厚塗りを防ぐ、崩れない塗り方のポイントは2つあります。
    まずは、スポンジを使って塗り広げること。
    スポンジを使うと、お肌に残った余計な皮脂やBBクリームを吸着してくれるので、薄くピタッとBBクリームをお肌に密着させてくれます。
    もうひとつは、BBクリームのノビを良くすること。
    BBクリームのノビが悪いと、もったりと厚塗りになったり塗りむらやヨレの原因となります。
    BBクリームが固い場合は、乳液や美容オイルを混ぜて柔らかくノビを良くすることで、スーッと薄くお肌に塗り広がります。


BBクリームが落ちないように上手に塗る方法



BBクリームで崩れない化粧の方法

お出かけする前に塗ったBBクリームが落ちないようにする方法としては、きちんとステップを踏んでBBクリームを塗るようにする必要があります。
簡単なステップなので、時短メイクでBBクリームを使っているという方でも、気軽に取り入れることができて、BBクリームが落ちない状態をつくることができます。

まず、BBクリームを手の甲にパール粒大くらいの量のBBクリームを取り出します。
BBクリームの量が多すぎても少なすぎても、よれて落ちやすくなる原因となってしまいます。

次に、それを両頬、額、鼻の頭、顎先の5点に乗せていきます。
5点に乗せたBBクリームは、顔の中心から外側に向かって伸ばしながら塗っていきます。
順番としては、両頬、顎、額、鼻です。
特に、小鼻付近はよれやすい部分なので、軽く指でトントンと叩きながら塗っていきましょう。
顔全体にBBクリーム伸ばすことができたら、てのひらに少しだけ余ったBBクリームをまぶたに塗っていきます。

それから、スポンジで全体を馴染ませていきます。細かい部分については、スポンジの角を使って抑えていきます。
スポンジで抑えた後にシミやくすみやクマなど、気になる部分がある場合には、指先にBBクリームを少しだして、重ね塗りしていきましょう。

そして、最後にフェイスパウダーを乗せていきましょう。

以上が、BBクリームが落ちないように上手に塗る方法となります。
これをするだけで、BBクリームが落ちにくくなります。


崩れないBBクリームの選び方・ポイント



化粧崩れをしないBBクリームを選ぶ際のポイントは、そのテクスチャーです。
質感が固いBBクリームは、お肌にのせてもノビが悪いため厚塗りや塗りむらになり、時間が経つと白浮きや粉吹きなどの化粧崩れの原因となります。
柔らかく良く伸びるテクスチャーのBBクリームを選ぶことで、BBクリームがピッタリと薄くお肌に密着し、時間が経っても化粧浮きやメイク崩れしにくく、なおかつBBクリームの特性を生かした透明感あふれるナチュラルメイクに仕上がります。