ホーム > BBクリームコラム一覧 > 使い方 > BBクリームでテカらなくする塗り方・防止策



BBクリームでテカらなくする塗り方・防止策|BBクリームの桜花媛


BBクリームを塗ってすぐはきれいに仕上がっていても、
時間が経つと鼻やおでこ、ひどいときには頬など全体がツヤツヤテカテカ…
時間が経つとテカってしまうメイクには、本当に困ってしまいます。
BBクリームでテカらないようにするにはどうしたら良いのか、テカリ防止方法を知りたい方も多くいらっしゃるかと思います。

BBクリームでテカらなくする塗り方・防止策


BBクリームを塗る前に…



実際にお顔がテカると、こんな困ったことが起こります。
  • 手触りがベタベタと気持ち悪い

  • BBクリームが浮いてヨレやむらになる

  • 浮いたBBクリームが服につく

  • 毛穴が開いて見える

  • 肌が汚く見える

正に良い所なしの困ったテカリですが、一体どのようなメカニズムで起こるのでしょうか。


BBクリームでテカリが発生する原因



一般的にテカリは、毛穴から皮脂が過剰分泌されることで起こります。
過剰分泌される原因は主に2つで、ひとつがホルモンの崩れによるテカリです。
思春期であったり生活の乱れからホルモンバランスが乱れて、皮脂を分泌してしまうのです。
その場合は正しい洗顔をしたり、脂っこい食事やおやつを控え生活リズムを整えることである程度改善されます。
もう一つは、お肌の乾燥によるテカリです。
「乾燥してテカリ?!」と思われるかもしれませんが、お肌が乾燥すると脳が「もっとお肌を潤わせなければ!」と意識して、どんどんと皮脂を分泌してテカってしまうのです。

BBクリームを塗った時に起こるテカリは、2つ目の乾燥によるテカリが関係しています。
BBクリームをたくさんお肌に塗ると、BBクリームに含まれているお肌をサラサラに保つための皮脂吸収剤がどんどんと皮脂を吸い取ってしまいます。
そうするとお肌が「お肌が乾燥しているから潤わせなければ」と感じて、どんどんと皮脂を分泌してテカってしまうのです。
それ以外にも、BBクリームは様々な美容成分を含んでいる分ファンデーションよりも油分が多く含まれており、それ自体がテカリの原因となることもあります。
どちらにしろ、BBクリームの塗りすぎもテカリの原因となってしまうことは間違いありません。


BBクリームのテカらない塗り方



ではテカらないようにBBクリームを塗るにはどうしたらよいのでしょうか。
テカリを防止するポイントはたったひとつ、BBクリームを薄く塗ることです。
まずはBBクリームを塗る前にたっぷりの化粧水と乳液でお肌を整えることで、素肌の乾燥によるテカリを防ぎます。
その後、少ないと思うくらいのBBクリームを取ってお顔全体に伸ばすのですが、指の腹やスポンジで叩きこむようにして塗りましょう。
ベタッと塗り広げるとヨレやむらの原因となり、厚塗りの部分が出来てテカリとなってしまいます。
そして最大のポイントは、メイクの一番最後にもう一度スポンジやティッシュでお顔を抑えて余分なBBクリームと皮脂を取り除くことです。
ベースメイクは、その後のアイメイクやリップメイクの短い時間の間でも、余計な皮脂やBBクリームが浮き出てきます。
最後にそれをしっかりと取り除いてBBクリームを薄くぴったりと密着させることで、その後のメイク浮きやテカリを大きく抑えることが出来ます。


BBクリームでテカリを防止するコツ



BBクリームにはたっぷりの保湿成分が含まれている分、どうしてもBBクリームだけではテカってしまうという場合は、仕上げにフェイスパウダーを使用することをお勧めします。
フェイスパウダーの粉が時間と共に分泌された皮脂を吸着してくれるので、サラッとしたお肌が長持ちします。
さらにファンデーションとは異なりふんわりとお肌に乗るので、BBクリームの持ち味であるサラッとしたナチュラルメイクを保つことが出来、BBクリームと非常に相性の良いテカリ防止アイテムです。