ホーム > 桜花媛BBクリームの使い方 > 潤い肌をつくるBBクリームの選び方とメイク方法

コラム
4色から選べるBBクリーム
使い方
BBクリームの正しい付け方・塗り方のコツ
BBクリームを使ったメイク方法・手順
BBクリームの化粧順番 塗る前・塗ったあと・塗り直しタイミング
BBクリームだけの直塗り・ざっと塗りでも大丈夫?
鼻や脇などの部分使いのBBクリーム活用法
BBクリームのつける量はどれくらいが適量?
BBクリームは何で塗る?ブラシの塗り方と指の塗り方
BBクリームを叩き込む方法とティッシュオフのやり方
BBクリームとコンシーラーを塗る順番
BBクリーム塗ったまま寝れる?寝る前はどうしたらいい?
BBクリームにチークだけで大丈夫?
BBクリームに乳液は必要?
BBクリームでほくろ・ほうれい線などを隠す方法・塗り方?
BBクリームは肌に悪いのか?肌への負担や肌荒れを防ぐ方法
BBクリームで白くなる場合の対処法
BBクリームを使ってツヤと透明感を作るメイク方法
潤い肌をつくるBBクリームの選び方とメイク方法
BBクリームでテカらなくする塗り方・防止策
BBクリームで崩れない化粧の方法
脂性肌の方の為のBBクリームの選び方と使い方
BBクリームでニキビできる?ニキビ肌の方のBBクリーム選びとニキビを隠す塗り方
BBクリームでそばかすやシミを隠す方法
BBクリームでクマを隠して消す方法
BBクリームのノンシリコン・オイルフリーについて
BBクリームのくすみ効果と夕方にくすむ場合の対処法
BBクリームの毛穴落ちをカバーする方法・対策とは?
BBクリームで皮むけしてしまう場合の対処法
BBクリームでニキビ跡を上手に隠す(消す)方法
BBクリームとコントロールカラーを一緒に塗るメリットと順番とは?
BBクリームを使ったナチュラルメイクの方法
BBクリームをよれないようにするための方法
BBクリームを使う際にパウダーなしでも大丈夫?
BBクリームで綺麗に仕上げる方法・コツ
BBコラムまとめ BBクリーム徹底解説!効果・特徴、選び方、塗り方
BBクリーム比較 BBクリームおすすめ9ブランド比較

【コラム】潤い肌をつくるBBクリームの選び方とメイク方法




保湿効果のあるBBクリームを選ぶのが潤い肌への近道!



潤い肌をつくるBBクリームの選び方とメイク方法

たっぷりと潤ったお肌にはハリがあるのでシワが出来にくく、白く瑞々しくて透明感に溢れ、
お肌ひとつで実際の年齢よりも若く見られることも不可能ではありません。
誰しも憧れる無敵の潤い肌、そんなお肌になるためにはどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。


潤いを与えてくれる保湿効果のあるBBクリームを選ぼう



お肌に潤いを与える成分と言えば、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどです。
これらが多く含まれているBBクリームがよりお肌に潤いを与えてくれるので、
成分表示を参考にしながら保湿成分が多く含まれているBBクリームを選ぶと、高い保湿効果が得られます。

成分表示の他に参考になるのが、テクスチャーです。
保湿成分とはつまり、水分や油分のことです。
水分と油分は、どちらも液体です。
BBクリームに美容オイルや乳液を混ぜてみるとわかると思いますが、さわり心地はゆるく柔らかくなりますよね。
つまり保湿成分が多く含まれているBBクリームは、柔らかくノビが良いさわり心地をしているのです。
各ブランドの得意とする成分や効果と、BBクリームのさわり心地から選べば、
潤いを与えてくれる保湿効果の高いBBクリームを選ぶことが出来ます。


BBクリームで潤い肌を作るメイク方法



潤い肌を作るために最も重要な事、それは「薄塗り」です。
BBクリームを適度に薄くつけるためには、ベタッと全体に伸ばすのではなく、サッと塗り広げたら指の腹で叩いて伸ばすようにしましょう。
トントンと叩きこむことで余分なBBクリームが肌に残らず薄付きになり、なおかつ毛穴の奥までしっかりと行き渡るのでカバー力も期待できます。
手ではなくスポンジを使ってBBクリームを塗るのも効果的です。
スポンジが余分なBBクリームを吸着してくれるので、手や指で塗るときよりも薄くピタッと密着し、自然なツヤのある化粧崩れのしにくいメイクが出来ます。


お肌の潤いを保つスキンケア



  • ポイントその1:「ぬるま湯洗顔」
  • お風呂で洗顔する時や寒い冬など、ついつい熱いお湯で洗顔してしまうという方も多いのではないでしょうか。
    しかし熱いお湯は汚れと一緒に必要な皮脂まで落としてしまい、どんどんと水分が蒸発して乾燥してしまいます。
    洗顔する時はぬるいと思うくらいの温度で洗うと、皮脂を落とさず潤いを守ったまま汚れを落とすことが出来ます。

  • ポイントその2:「こすらない」
  • 洗顔時やタオルで拭くときにゴシゴシと顔をこすってしまうと、表皮が傷ついてそこから水分が逃げてしまいます。
    洗顔料はたっぷりと泡立てて撫でるように洗い、タオルも顔に押し付けるようにポンポンと叩いて拭くことで、お肌の乾燥を防ぐことが出来ます。

  • ポイントその3:「水分を入れ込む」
  • 潤い肌の基本は、何と言っても水分です。
    ただただ塗るだけではなく、コットンにたっぷりしみこませてパッティングしたり、1度塗った後に数分置いて再びパッティングする二度塗りなどで、
    お肌に水分を吸い込ませることを意識して化粧水をつけましょう。

  • ポイントその4:「油分でふたをする」
  • いくらたっぷりの水分をお肌に入れ込んでも、そのままではすぐに蒸発して潤いが逃げてしまいます。
    潤いをしっかりお肌に留めておくためにも、乳液やクリーム、美容オイルなどの油分でしっかりとふたをしましょう。
    油分のラップ効果でたっぷりの水分をお肌に保つことで、肌細胞のひとつひとつが瑞々しくハリのあるものに生まれ変わります。