ホーム > 桜花媛BBクリームの使い方 > 鼻や脇などの部分使いのBBクリーム活用法

コラム
4色から選べるBBクリーム
使い方
BBクリームの正しい付け方・塗り方のコツ
BBクリームを使ったメイク方法・手順
BBクリームの化粧順番 塗る前・塗ったあと・塗り直しタイミング
BBクリームだけの直塗り・ざっと塗りでも大丈夫?
鼻や脇などの部分使いのBBクリーム活用法
BBクリームのつける量はどれくらいが適量?
BBクリームは何で塗る?ブラシの塗り方と指の塗り方
BBクリームを叩き込む方法とティッシュオフのやり方
BBクリームとコンシーラーを塗る順番
BBクリーム塗ったまま寝れる?寝る前はどうしたらいい?
BBクリームにチークだけで大丈夫?
BBクリームに乳液は必要?
BBクリームでほくろ・ほうれい線などを隠す方法・塗り方?
BBクリームは肌に悪いのか?肌への負担や肌荒れを防ぐ方法
BBクリームで白くなる場合の対処法
BBクリームを使ってツヤと透明感を作るメイク方法
潤い肌をつくるBBクリームの選び方とメイク方法
BBクリームでテカらなくする塗り方・防止策
BBクリームで崩れない化粧の方法
脂性肌の方の為のBBクリームの選び方と使い方
BBクリームでニキビできる?ニキビ肌の方のBBクリーム選びとニキビを隠す塗り方
BBクリームでそばかすやシミを隠す方法
BBクリームでクマを隠して消す方法
BBクリームのノンシリコン・オイルフリーについて
BBクリームのくすみ効果と夕方にくすむ場合の対処法
BBクリームの毛穴落ちをカバーする方法・対策とは?
BBクリームで皮むけしてしまう場合の対処法
BBクリームでニキビ跡を上手に隠す(消す)方法
BBクリームとコントロールカラーを一緒に塗るメリットと順番とは?
BBクリームを使ったナチュラルメイクの方法
BBクリームをよれないようにするための方法
BBクリームを使う際にパウダーなしでも大丈夫?
BBクリームで綺麗に仕上げる方法・コツ
BBコラムまとめ BBクリーム徹底解説!効果・特徴、選び方、塗り方
BBクリーム比較 BBクリームおすすめ9ブランド比較

【コラム】鼻や脇などの部分使いのBBクリーム活用法



崩れにくい鼻のメイク方法



鼻や脇などの部分使いのBBクリーム活用法

春になると、汗ばむ日が多くなってメイクの崩れが気になってきますし、 夏になれば薄着になりますから、脇がキレイでないと恥ずかしいですよね。 また、肌を露出する服では、肌のいろいろな部分がくすんだり血管が目立ったりブツブツができたりして気になってしまいます。

外気が暖かくなってきて汗ばむ陽気だと、鼻の頭に汗をかきやすくなりますし、 皮脂の分泌も活発になるため、マメに拭き取る必要があって、 ”そこだけメイクが落ちている人”をよく見かけませんか? なんとなく見てはいけないような気がしますし、見ても気付かないフリをしますし、そんな状況は本人も避けたいはずです。 BBクリームは夏でも崩れにくいファンデーションですが、工夫次第でさらに崩れにくくすることができます。

では、脇の下や身体のその他の部位どうでしょう? 夏はムダ毛の処理をマメにしないと、すぐ生えてきて目立ってしまいます。 しかし、間違った処理をしたり、カミソリ負けをしてしまった肌は、赤みが出たり色素沈着を起こしてあざのように黒くなったり、 毛穴が黒ずんだり深いシワのような凹凸ができてしまいます。 そうなると、毛の処理を続けることはできませんが、だからといって厚着をするのも耐えられません。 BBクリームは、そんな気になる脇の下や肌のいろんな部分にも使うことが出来ます。

洗顔で毛穴の汚れをなくして保湿もしっかりおこなえば、広がった毛穴も小さくなりますし、 肌表面の水分や油分を取り除いたうえで、BBクリームを細かい部分まで薄く丁寧に塗ります。 そこにフェイスパウダーを重ねれば、夏でもメイクの持ちが良くて、落ちても目立たず焦って直さなくていいメイクになるのです。

毛穴の汚れを除く事、水分や油分・ホコリや古い角質などを残さないこと、産毛の処理をすること、 丁寧にメイクすることが、テカリ対策やメイクを長く持たせるポイントといえます。


夏のメイクこそBBクリーム



BBクリームにはもともと、汗や皮脂を吸い取る機能があって、メイクが崩れにくいという特徴があります。 また、薄くのばしてつけますし、仕上がりもナチュラルなため、メイクが崩れたり落ちたりしても目立ちません。 ただでさえ鼻は、知らないうちに自分の手で触ってしまいますし、毛穴が大きくて汗もかきやすく皮脂も分泌しやすいため、 テカリ易く毛穴の黒ずみや角柱ができやすい部分です。 また、メイクが落ちやすい部位でもありますから、夏にあったメイクを心がけましょう。

気になる脇のメイク方法
永久脱毛でも、まだ途中の段階だとキレイな脇の下ではなく、毛穴がひらいたり黒ずんだりしてポツポツと目立ってしまい、 ノースリーブで脇を思いっきり上げる動作ができないようです。 顔用のBBクリームを脇に塗り方も多く、自然な仕上がりで人気ですが、 脇は汗や臭いが気になる部分の為、顔と同じだと不満に感じる方も多いのが事実です。

そのため最近では、汗や臭いを抑える効果をプラスした脇専用BBクリームも発売されており、 黒ずみや毛穴のポツポツをカバーするだけではなく、 脇独特の困った悩みにも対応できる商品もあるようですね。

顔以外のBBクリーム活用方法
黒ずみは、摩擦が多い部分にできやすくなっています。 たとえば、肘や膝などは黒ずみやすい部分ですね。 また、血管が目立ちやすい手の甲や足の甲、凹凸が目立つ足のライン、 火傷の跡や毛穴の凹凸が気になるなど、肌のいろんな部分が気になってしまいます。 大事な日の前日などは、カミソリでムダ毛の処理をすることが多いとおもいますが、 チョット間違った処理をしてしまうと、必要な角質を削ってしまい赤く炎症を起こしてしまったり、 焦って傷をつけてしまったりしますよね。

そんなときこそBBクリームの出番です。 もともとBBクリームは、肌の美容処置後の敏感な肌を保護するために開発されたクリームなので、 敏感になった肌や赤みになった肌などを保護する役割がありますし、 そういった肌に塗り事ができるクリームなのです。 そのため、傷ついた肌に塗って気になる部分をカバーできますし、なおかつ仕上がりもナチュラルでおススメです。


脇やその他の部分にBBクリームを使う際の注意点



大量に汗をかく状況で身体にBBクリームを使うと、 いくら汗や皮脂に強く落ちにくいBBクリームであっても崩れてしまって衣服などに付きやすくなります。 また、BBクリームには油分が含まれているため、1度ついたBBクリームは簡単には落ちてくれません。 結婚式などのフォーマルな場には適していますが、屋外でのスポーツには適さないということです。

また、身体に付けたBBクリームは、寝る前にクレンジングを使ってしっかり落としてから就寝しましょう。 肌にやさしいBBクリームなので、”ふつうに身体を洗うだけでいいのでは?”と思いがちですが、 顔のメイクと同じように、クレンジングで落としてから、ふつうにボディソープで洗いましょう。

お風呂に入るときに、最初に顔のメイクをクレンジングするとおもいますが、 そのとき身体に塗ったBBクリームも一緒にクレンジングすれば簡単ですよね。 身体に残ったままだと、毛穴に詰まって酸化してしまいますし、寝具にも付いてしまう可能性もあるので注意しましょう。