ホーム > 桜花媛BBクリームの使い方 > BBクリームでニキビ跡を上手に隠す(消す)方法

コラム
4色から選べるBBクリーム
使い方
BBクリームの正しい付け方・塗り方のコツ
BBクリームを使ったメイク方法・手順
BBクリームの化粧順番 塗る前・塗ったあと・塗り直しタイミング
BBクリームだけの直塗り・ざっと塗りでも大丈夫?
鼻や脇などの部分使いのBBクリーム活用法
BBクリームのつける量はどれくらいが適量?
BBクリームは何で塗る?ブラシの塗り方と指の塗り方
BBクリームを叩き込む方法とティッシュオフのやり方
BBクリームとコンシーラーを塗る順番
BBクリーム塗ったまま寝れる?寝る前はどうしたらいい?
BBクリームにチークだけで大丈夫?
BBクリームに乳液は必要?
BBクリームでほくろ・ほうれい線などを隠す方法・塗り方?
BBクリームは肌に悪いのか?肌への負担や肌荒れを防ぐ方法
BBクリームで白くなる場合の対処法
BBクリームを使ってツヤと透明感を作るメイク方法
潤い肌をつくるBBクリームの選び方とメイク方法
BBクリームでテカらなくする塗り方・防止策
BBクリームで崩れない化粧の方法
脂性肌の方の為のBBクリームの選び方と使い方
BBクリームでニキビできる?ニキビ肌の方のBBクリーム選びとニキビを隠す塗り方
BBクリームでそばかすやシミを隠す方法
BBクリームでクマを隠して消す方法
BBクリームのノンシリコン・オイルフリーについて
BBクリームのくすみ効果と夕方にくすむ場合の対処法
BBクリームの毛穴落ちをカバーする方法・対策とは?
BBクリームで皮むけしてしまう場合の対処法
BBクリームでニキビ跡を上手に隠す(消す)方法
BBクリームとコントロールカラーを一緒に塗るメリットと順番とは?
BBクリームを使ったナチュラルメイクの方法
BBクリームをよれないようにするための方法
BBクリームを使う際にパウダーなしでも大丈夫?
BBクリームで綺麗に仕上げる方法・コツ
BBコラムまとめ BBクリーム徹底解説!効果・特徴、選び方、塗り方
BBクリーム比較 BBクリームおすすめ9ブランド比較

【コラム】BBクリームでニキビ跡を上手に隠す(消す)方法


BBクリームでニキビ跡を上手に隠す(消す)方法

毎朝、ニキビ跡をお化粧で隠すのに時間を割いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ニキビ跡がなくなれば抜本的に解決もできるのですが、中々そうもいかないですよね。
ニキビ跡を隠す方法として、コンシーラーがありますが、うまくできないこともあります。
そこで今回は、BBクリームでニキビ跡を上手に隠す方法についてご紹介いたします。


BBクリームがニキビ跡を隠す(消す)のに良い理由とは?



BBクリームは元々、Blemish Balmクリームとして、傷ついたお肌を守るためにドイツで開発された、医療用のクリームでした。
BBクリームに、美容成分が多いことや、1つで何役も役割を果たすのは、その名残です。
そこから、化粧品としてシフトチェンジしていく中で、保湿成分などの美容成分はそのままにして、紫外線からお肌を守る効果や、カバー力などを備えてきたのが、現在のBBクリームです。

BBクリームには、1本で高いカバー力があるというのが、魅力のひとつです。
BBクリームを塗っただけで、化粧下地の効果だけではなく、ファンデーションを塗った効果もあるのです。
そのため、時短アイテムとして愛用している方も多くいらっしゃいます。
カバー力が高いということは、お肌トラブルを隠すのにも最適ということを意味しているので、ニキビ跡を隠すのにも良いのです。


BBクリームでニキビ跡を上手に隠す(消す)方法・やり方



まず、BBクリームをパール1粒大くらいの量を手に取り、お顔に5点置きします。
そして、内側から外側に向かって、満遍なくBBクリームを延ばしていきます。
ムラが出ないように、丁寧に行いましょう。
よりBBクリームをお肌に密着させるために、スポンジを使うと効果的です
この工程をするだけで、ニキビ跡はほとんど目立たなくなります。
しかし、場合によっては、ニキビ跡が分かることもあります。
そんな時には、指の腹に針先くらいの量のBBクリームをとり、ニキビ跡に乗せていきます
この時、トントンと軽く叩きながら乗せていくと、よりGOODです。
強く叩きこむと、逆にお肌に刺激を与えることになるので、あくまでも軽く行いましょう。
そうすると、ニキビ跡はほとんど目立たなくなり、上手に隠すことができます。

最後に、フィニッシュパウダーを乗せていけば、完璧です
フィニッシュパウダーを乗せるだけで、重ね塗りしたBBクリームが化粧崩れを起こすのを防げます。


ニキビ跡を上手に隠す(消す)のに最適なBBクリームの選び方とは?



ニキビ跡を効果的に隠したい場合、BBクリームの中でも、カバー力の高いものを選ぶのがおすすめです。
例えば、コンシーラーの効果まで入っているものです。

そもそも、BBクリームはカバー力が高いものではありますが、BBクリームによってその特徴は異なります。
BBクリームによっては、カバー力を重視しているものもあれば、保湿力を重視しているものもあります。
そのため、「ニキビ跡を隠したい」ということに特化するのであれば、コンシーラー効果も高いBBクリームが最適ということになります。

また、コンシーラー効果の高いBBクリームの中でも、自分のお肌に合うBBクリームであるか、そうでないかということもあります。
カバー力が高くても、自分のお肌に合っていないBBクリームだと、お肌トラブルの原因となり、ニキビ跡を増やすことにもなりかねません。
ニキビ跡を上手に隠すのに最適なBBクリームを選ぶためには、自分のお肌に合ったものでありつつ、カバー力の高いものであることが重要です。


ニキビ跡を化粧品で隠したい場合、ファンデーションやコンシーラーなど、様々な化粧品を使うよりも、BBクリーム1本で行う方が、お肌への負担は軽いと言われています。
自分のお肌に合ったBBクリームを見つけて、上手にニキビ跡を隠しましょう。